福岡の優良エステサロンでワキ脱毛!

脱毛の自己処理による肌トラブルとその対処法

ムダ毛を処理するのに、脱毛サロンやクリニックで施術を受けるのではなく、自己処理で済ませている方は多いと思います。

 

しかし、毛抜きやカミソリを用いて自己処理をすると、いまいちきれいに仕上がらなかったり、肌トラブルを起こしたりすることがあります。ここでは自己処理による肌トラブルの数々とその対処法について解説します。

 

カミソリで毛を剃ったり、毛抜きで抜いたりすると、毛穴に小さな傷がつくことがあります。この傷が癒着して毛穴をふさぎ、その中に毛が埋没してしまう現象のことを埋没毛と呼んでいます。

 

対処法としては、お肌のピーリングをして古い角質を取り除いたり、レーザー治療を受けたりする、というものがあります。そして黒ずみですが色素沈着とも呼ばれます。自己処理を繰り返すことにより、お肌へのダメージが蓄積すると、

 

お肌自体が刺激から我が身を守るためにメラニン色素を多く出す

 

ようになります。結果、その部分が変色することがあります。黒ずみを解消するのは、なかなか困難です。色素沈着のためのクリームを使ったり、保湿をきちんとしたりして、いたわってみてください。また、カミソリや毛抜きの刺激によって

 

毛穴が傷つき、その中に雑菌が入り込むと、かゆみや赤みなどの症状が現れる

 

ことがあります。自己処理によって炎症が生じたら、すぐに鎮静させるための薬を塗りましょう。市販のものより病院で処方された薬の方が望ましいです。炎症のメカニズムとよく似ていますが毛穴に傷がつき雑菌が侵入することにより、その部分に膿のようなものがたまります。

 

押し出せば内部の膿が出てきますが、それにより症状がさらに悪化することもあります。対処するには、炎症のときと同じくダメージを受けた部分に正しい薬を塗ってください。膿を無理に押し出すようなことは、あまりしない方が良いでしょう。

 

以上が、自己処理による肌トラブルとその対処法です。中には放置しておくと対処ができなくなってしまう症状もあるのですが、私もワキ脱毛 大阪のサロンでしているのでアフターケアには気をつけるようにしています。